TweetsWind

遺言書の種類をご案内しています

遺言書って具体的にどんなものがあるのだろう?…

 遺言書の種類と特徴

一般的な遺言書には、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3つがあります。

どの遺言が一番かは、お一人お一人異なりますので、まずは下記をご参考下さい。


 ■自筆証書遺言


最もシンプルな遺言書で、自分ひとりで費用もかけることなく作成することが可能です。
必要なものは、紙とペン、そして印鑑だけです。また自筆証書遺言は、証人が一切不要ですので、
遺言書の内容について亡くなるまで秘密にすることができます。

ただし、自筆証書遺言は、正確な知識をお持ちでないと、法律で定められた自筆証書遺言の有効要件を
満たしていなかったり、記載内容が不明瞭な場合は無効になり、相続人間の争いを発生させてしまう可能性が あります。また、遺言書が相続人に発見された場合は、遺言書を隠蔽されるリスクもあります。

そして自筆証書遺言は、相続発生後に家庭裁判所で検認手続を受ける必要があるため、
相続人の負担が増加します。


 ■公正証書遺言


遺言者が公証人へ口頭で遺言の内容を伝え、公証人が作成する遺言書です。
遺言書の原本は公証人が管理しますので、自筆証書遺言のように相続開始後に隠蔽されるリスクは
ありませんし、紛失のリスクもありません。また、遺言の内容については公証人と事前に協議をし、
遺言書も公証人が作成するため、確実に有効な遺言書を残すことができます。

ただし、遺言書の作成にあたっては、一定の要件を満たした証人を2名用意する必要があり、公証人及び
証人にお支払する手数料もかかります。また、遺言書の内容については、公証人と証人には知られますので、完全に秘密とすることはできません。


 ■秘密証書遺言


遺言者が、遺言の内容を記載した書面に署名押印をした上で封筒に入れ、遺言書に押印した印鑑と
同じ印鑑で封印した上、公証人及び証人2人の前にその封書を提出し、自己の遺言書である旨及び、
その筆者の氏名及び住所を申述し、公証人が、その封紙上に日付及び遺言者の申述を記載した後、遺言者及び証人2人と共に、その封紙に署名押印することにより作成される遺言書です。

上記の手続を経由することにより,その遺言書が間違いなく遺言者本人のものであることを明確にでき、 かつ、遺言の内容を誰にも明らかにせず秘密にすることができます。
また、自筆証書遺言と異なり,遺言書の記載にあたっては、自書である必要はないので、ワープロ等を用いても、第三者が筆記したものでも構いません。
しかし、公証人は,その遺言書の内容を確認することはできませんので,遺言書の内容が要件を満たさなかった場合は無効になる可能性がある等、自筆証書遺言と同じリスクがありますし、家庭裁判所で検認手続を受ける必要があります。
また、公証人と証人にお支払いする手数料も必要となります。

公証人を介するということでは公正証書遺言と同じですが、自筆証書遺言と同様のリスクを負う部分もあるので、あまり利用される方はいらっしゃらないのが実情です。


 各種遺言書の特徴比較

   自筆証書遺言  公正証書遺言  秘密証書遺言
証人  不要  2名  2名
内容の秘密保持  できる  公証人及び証人に
 内容を知られる
 できる
保管方法  自分で保管  原本は公証人が保管  自分で保管
作成手数料  かからない  公証人+証人に
 手数料の支払あり
 公証人+証人に
 手数料の支払あり
家庭裁判所の検認手続  必要  不要  必要
 総括 費用をかけずに1人で作成できる。
無効・紛失・隠蔽のリスクがある。
確実に遺言が作成できるが、費用がかかる。
証人を用意する必要がある。
あまり利用されていない。
費用がかかる。
無効リスクがある。
証人を用意する必要がある。


上記のご説明より、3種類の遺言書の中で利用されやすい方式は「自筆証書遺言」と
「公正証書遺言」となりますが、確実に有効な遺言書を残し、相続開始後のトラブル・紛争を 防止するには、「公正証書遺言」が最も効果的だと言えます。

しかし、「公正証書遺言」の作成費用は、各種遺言書の中で最も費用がかかりますので、一概に最もおすすめとは言えません。

遺言書作成における遺言者のご事情は十人十色です。
お一人お一人にマッチした方式の遺言書作成をご検討いただければと思います。



Copyright(c) 2013 カトレア司法書士事務所. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com