TweetsWind

自筆証書遺言作成の流れ

自筆?遺言書って自分でもかけそうな気がするけど…?

自筆証書遺言作成 報酬50000円(税別)

※他に、戸籍謄本・固定資産税評価証明書・不動産登記簿謄本取得代行費用・交通費・送料等実費がかかります。

※取得費用・交通費・送料等実費は通常数千円~1万円程度です。


 コースの内容


・遺言書作成に関する相談・お打合せ
・必要書類の収集代行
・遺言書原案の作成
・自筆後遺言の最終確認


 こんな方におすすめ


・遺言書は作成したいが、なるべく費用はかけたくない方
・周りのご家族・ご親族には内緒で相談・遺言書を作成したい方
・財産が少額で、紛争性が少ないと思われる方

 自筆証書遺言作成 お手続きの流れ

 1.お問合せ(お電話又はメールフォーム)



お電話又はメールフォームにてお問合せ下さい。
相談は無料です。ご不安な点も多々あるかと思いますので、お気軽にご連絡下さい。


 2.ご面談(来所もしくは、ご自宅・ご希望の場所へお伺いします。)

ご面談でお客様がどの様な内容を希望されるかをお伺いします。
合わせて相続人の方々や、財産の状況について確認させて頂きます。
ご面談によりご意志を確認させた頂いた後に、正式に業務をお引き受け致します。


 3.相続人・相続財産の調査・確認

遺言書に具体的に記載する相続人・相続財産を特定するために必要となります。
必要に応じて戸籍謄本・固定資産税評価証明書・不動産登記簿謄本等を取得代行致します。


 4.当事務所への費用のお振込み

指定口座へ、費用をお振込み頂きます。(※振込手数料はお客様負担でお願いします)


 5.遺言書の文案を作成

お客様の要望を確認しながら遺言書の文案を作成いたします。


 6.自筆証書遺言を自署

遺言用紙に、当事務所で作成した文案を、お客様に書き写して押印をして頂きます。
自筆証書遺言は、遺言者が直接自署することが必要ですので、お客様に行って頂きます。


 7.遺言書の内容確認

お客様が書き写した遺言書の最終確認をさせて頂きます。


 8.手続終了

内容に問題がなければ、お手続終了です。

 自筆証書遺言作成 必要な書類

自筆証書遺言の作成には、以下の書類が必要となります。


 1.ご自身の戸籍謄本
 2.ご自身の住民票
 3.ご自身の印鑑証明書
 4.ご自身の財産の具体的内容が分かる書類

            ↓

【上記4に関して、財産の中に不動産がある場合】

 その登記事項証明書(登記簿謄本)
 固定資産評価証明書 又は 固定資産税・都市計画税納税通知書中の課税明細書


※初回ご相談時に全て揃えて頂く必要はございません。
※必要書類1、2、4のうち不動産に関する登記簿謄本・固定資産税評価証明書については、 当事務所で代行取得が可能です。代行取得の場合、実費のみ頂戴致します。



Copyright(c) 2013 カトレア司法書士事務所. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com