TweetsWind

相続放棄でお困りでしたらご相談下さい

知らなかったけど借金が…相続放棄ってどうするの?

相続放棄をお考えの方へ

「自分が借りたわけじゃないのに、なんで借金を背負わなければならないのだろう・・・」

負債を背負われたままのご親族が亡くなられた場合、相続が発生し、相続人になられた方は、 突如その返済を求めらることになります。突然の請求に対し、不条理を感じられる事でしょう。

相続というものは、亡くなられた方のプラスの財産だけでなく、マイナスの財産も全て引き継ぐことになります。

ある日突然負債を引き継ぐことになり、これまで築きあげてきたご自身の生活が崩壊してしまうことは避けたいものです。

そこで法律は、「相続放棄」という制度を用意しています。

「相続放棄」で、突然降りかかった危機を回避することができれば・・・

しかし、「相続放棄」なんて、そうそう経験するものではありませんし、いきなりやってきた危機に対し、 自分ひとりで全て冷静に対応することは非常に難しいものがあります。


相続放棄は、普通の相続登記と違い、時間との闘いです。のんびりと構えている時間はありません。
一つ判断を誤るだけで、取り返しのつかない事態に陥ることもあります。



そこで、当事務所は、相続放棄に関するエキスパートとして、無事に手続が完了できるよう、
「相続放棄コース」をご事情により、3種類提供させて頂いております





相続放棄を出来る期間は3か月です。この間に全てを完了させなくてはなりません。
平穏な生活を取り戻すための第一歩を踏み出すために、まずはご連絡下さい。



★以下、相続についてかんたんに説明を載せてあります。是非、ご一読ください。


相続放棄についての説明

 相続放棄とは?


相続放棄とは、被相続人(お亡くなりになられた方)のプラス財産とマイナスの財産の一切を相続しないことを言います。
一度家庭裁判所に受理されてしまうと、特別な理由がない限り、取り消すことができません。
相続放棄を行うときは、誰が相続人になっているのか、被相続人の財産はどの程度あるのかを事前に
把握しておく必要があり、手続を利用する際には十分な注意が必要です。


 相続放棄ができる期間は?


相続放棄をするためには、相続開始を知ったときから3か月に、
家庭裁判所に相続放棄の申立てを行う必要があります。この3か月の期間を「熟慮期間」といいます。

この「熟慮期間」中に何の手続きも取らずにいると、相続人は「単純承認」したものとみなされます。
「単純承認」とは、被相続人のプラスの財産のみならず、マイナスの財産も全て相続するということを意味します。

相続放棄を強く希望している方は、必ず期間内に手続きを取る必要があります。

※ただし、相続財産の調査に時間を要するといった場合には、家庭裁判所へ申出ることにより、
熟慮期間を延長することも可能です。


 相続放棄ができない場合ってあるの?


相続放棄が可能な熟慮期間内であっても、相続財産を勝手に処分してしまうと、 単純承認とみなされて、相続放棄できなくなってしまうことがあります。

処分にあたる行為の主なものとしては、

①遺産分割協議を行い、プラスの財産の分配を相続人間で決めてしまうこと
②相続財産を売却すること
③被相続人が持っていた債権を取り立てること


等が挙げられます。

このような相続財産の処分があると、相続人の相続財産を相続するという意思があるとみなされてしまい、単純承認にあたるとされてしまいます。

※ただし、処分行為があったとしても、状況や程度により、単純承認には当たらないとされた判例も
幾つかありますので、一切の例外なく相続放棄ができない訳ではありません。


 相続の順位ってどうなっているの?


相続放棄すると、相続に関する一切の権利義務は次の相続人のへ回っていくことになります。
ご自身が相続放棄することにより全ての問題が解決するわけではありません。
相続が回っていく順序は以下の通りです。

第1順位 亡くなられた方の配偶者、亡くなられた方の子
第2順位 亡くなられた方の直系尊属(父母、父母が既に亡くなられている場合は祖父母)
第3順位 亡くなられた方の兄弟姉妹

第1順位から第3順位までのすべての相続人が相続放棄の手続きを行いたい場合は、
第1順位の方から順番に行っていく必要があります。

第1順位から第3順位までの相続人が同時に相続放棄を申し立てることはできません。
第1順位の相続人が放棄をするまでは、第2順位の人はまだ相続人ではないからです。




Copyright(c) 2013 カトレア司法書士事務所. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com