不動産の個数、皆いくつ持っているの?

不動産の個数は、【土地(敷地権)1筆+建物(専有部分)1棟=計2個】が一般的なのですが、
土地を多くお持ちであったり、大規模マンションですと、この通りではありません。
皆様がお持ちの不動産の個数によって、税金は変動します。

ご参考までに、2012年夏から2013年5月末までにご依頼を頂いた方の、不動産の個数をご案内します。
不動産1個につき、1つの登記申請に1000円の税金がかかります。

【不動産の個数】
1 個・・・8人
2 個・・・259人
3 個・・・75人
4 個・・・26人
5 個・・・8人
6 個・・・7人
7 個・・・5人
8 個・・・1人
9 個・・・1人
10個・・・4人
11個・・・3人
12個・・・1人
19個・・・1人
21個・・・1人
23個・・・1人
(税金は、不動産の数が20個以上でも最高で20000円です)
当事務所では、不動産の個数に関わらず、報酬は一律です。通常は不動産の個数が増えると報酬も1000円増加しますので、
不動産をたくさんお持ちの方は、大変お得だと思います^^

ちなみに土地と建物の種類はいくつかありまして、
【土地】 宅地・山林・公衆用道路・雑種地など
【建物】居宅・車庫・ポンプ室・集会室・診療所・物置などですが、公衆用道路や、ポンプ室など、「え?これって、ウチの所有なの?」と
思うようなものもあります。これらは、近隣の住民の方や、マンションの方と共有して不動産を持っている考えとなります。

一戸建ての方は、土地が多い場合、認識をお持ちだと思いますが、マンションの場合ですと、購入時に、
不動産の数まで調べて買われる方は多くないと思うので、抵当権抹消段階になって初めて、
「ウチのマンションって、複数の土地にまたがって建ってるのね」、「敷地権が6つって、税金7000円もかかるの!?詐欺じゃないか!」
「ポンプ室なんて所有してないよ!え?皆で共有してるの!?」となるのです。世知辛いですね(;;)

格安で、抵当権抹消登記を始めて、まだ1年経っていませんが、紹介とかではなく、過去に依頼を受けた方と同じマンションの方から、
新規でご依頼を受けることもたまにあります。
特に、敷地権の多いマンションだとやはり印象に残っていますね。
不動産の個数は、抵当権設定契約証書に、土地と建物の表記がありますが、見方が分からない時は、お手元に書類をご準備のうえ、
遠慮なく電話にてお問合せ下さい。