カトレア司法書士事務所 代表ご挨拶 動画 

当事務所のブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。
開設以降、有難い事に北は北海道、南は鹿児島県、全国の方にご依頼を頂いております。
ですがやはり、HPや電話メールだけでは、顔が見えずに不安だというお声も時々ございます。
そこで、簡単ではございますが、動画にて、私の顔と声で挨拶をさせて頂きました。
当事務所が皆様のお力になれれば、幸いです。

おめでたい日? ~重陽の節句~

五節句のうち、意外と知られていないのが、本日9月9日の「重陽の節句」です。
旧暦ではこの頃菊が咲くので、菊の節句とも言います。古典などにはよく出てくる日なのですが、現代では、その他の節句である、1月7日(人日)七草、3月3日(上巳)桃の節句・ひな祭り、5月5日(端午)菖蒲の節句、7月7日(七夕・しちせき)星祭りの方ばかりで、どうしても影が薄いんですよね。
ちなみに平安時代には宮中行事として、重陽の節会(せちえ)を執り行い、長寿を願って、菊酒を飲むなどしてお祝いしていたようです。(※菊には長寿の意味があり)
そもそも、何故9月9日がおめでたい日なのかと言うと、元々は中国古来のもので、縁起の良い「陽の数」の一番の数字が「9」で、それが重なる9月9日は「重陽」となり、最強!?だからということです。
少し前の日本でも、多少の風習は残っていたようですが、現代ではさっぱり。
ですが、どこかの企業が、菊のジュースでもビールでもワインでも、何かしらのお酒なりを作って、おめでたい日をアピールして、大々的に売り出せば、目に留まるかもしれませんね。節分の日の恵方巻きは、関西ではずっとあったようですが、関東ではここ数年でいきなり出てきましたし、ハロウィンも子供の頃には、英会話教室に行って知ったもので、今みたいに有名ではなかったですから。
・・・・・企業の戦略の話をしても仕方ないですかね。何はともあれ、風習や文化って、なかなか興味深いものです。